社員インタビュー

人がいい、活気がある!
仕事のモチベーションは必然的にアップ!

梱包部 ターミナル業務

T.M


安定性に加え、職場環境と雰囲気の良さが入社の決め手



当社に入社するまでの11年間、期間雇用の形態で自動車メーカーの組み立て工場などに勤めていました。そろそろ正社員として地元で落ち着いて働きたいと探していたところ、当社に出会いました。地元企業で、大手自動車メーカーの協力会社であることの安定性が魅力だったのですが、入社前の会社訪問の時に、自動車の新車の保管管理業務の現場を見せてもらい、運転に自信がなかったので辞退しようと思ったのです。その時に人事担当者から、他にも色々な仕事があるからと、紹介されたのが立ち上がったばかりの倉庫業の仕事でした。ここならみんながゼロからのスタートなので、チャレンジしやすいと思って入社を決めました。職場が新しくて清潔感があり、社内の雰囲気がよかったことも、気持ちを後押ししてくれました。現在は舞阪にある倉庫で、四輪自動車の部品の仕分け作業と、発送の準備まで任されています。また、仕入れた部品の在庫管理も行っており、取引先である自動車メーカーの各工場からの発注を受けて、必要な時に必要な分を、タイムリーに発送するための手配も行っています。





どんな時でも丁寧な作業を心がける

毎日、多くの仕入れ先から、約5,000~6,000点もの部品が納品されます。その際、ハンディスキャナで部品のQRコードと納品書の双方を読み取っていかなければならないのですが、部品の点数が多ければ多いほど当然作業も多くなり、特に小さな部品などは読み取りにくいことも多く、苦労します。読み取ったものを、最終的にはPC上で納品チェックするのですが、すべての部品がミスなく納品できていた時の達成感は大きいですね。また、多くの部品を扱っているため、稀に異物混入などが発生することもあります。それを納品時に見つけ、仕入れ先であるメーカーに返送したことがあります。工場への納入不具合を未然に防ぐことができたと、仕入れ先から感謝された時は嬉しかったです。






尊敬する上司や先輩がいることがありがたい

現在、班長という役職を与えられています。自分の業務だけでなく、人を引っ張って、まとめていくことが求められます。現場では決められた手順を厳守し、確実に作業を行うことを自ら率先していき、さらに尊敬する上司や先輩がたくさんいますので、その方々から多くを学ぶことで、苦手意識のあるシーダーシップを身に付けていきたいと思っています。当社は上司との距離がとても近く、話がしやすい社風です。役職の有無に関係なく意見も通りやすいですから、働きやすい環境だと感じています。また、倉庫では、社外の人とのやりとりも多く、活気があります。車好きな方、特にエンジンやハンドルの部品などが好きな人にはおもしろい仕事だと思います。

一日の流れ

  • 7:30

    出社

    自家用車で出社する

  • 8:05

    始業

    朝礼後、ターミナルと倉庫の2ヵ所で、トラックで届く荷物を棚入れする

  • 10:00

    仕分け作業

    ピッキングしながら仕分け。スキャナーでの読み込みなどを行う

  • 11:45

    昼食

    会社で注文したお弁当を食堂で食べる

  • 12:30

    午前中と同様の業務

    2回目の棚入れ、ピッキング、仕分け、スキャナー作業

  • 16:55

    終業

    事務処理、翌日の予定の確認後、帰宅

他の社員のインタビュー