社員インタビュー

良い環境を保つために職場づくり、
人づくりを大切にしていきたい。

梱包部 車両管理業務

T.N


入社の決め手は、明日もまた来たい!と思えたこと



東京で6年間働いていましたが、地元に戻ることになり、派遣社員として当社で働き始めました。初日から、同僚がとても親切にサポートしてくれたり先輩がこまめに声をかけてくれたりと、みんなが気遣ってくれて、「明日もまた来たい」と思ったほどいい印象でした。3ヵ月間の派遣社員を経て、正社員にと勧められ、迷わず入社することに。現在の仕事は、取引先から届く新品の自動車の入庫作業、車両番号の打ち込み、保管ヤードへの移動など。さらに、翌日出荷される車両をピックアップし、準備ヤードへ移動も行います。1日で平均350台ほどが入庫されますので、車両番号の打ち込み作業は大変です。しかも、私たちが取り扱うのはお客様に納入する新車ですから、傷を付けないよう、移動には細心の注意を払わなければなりません。





現状に満足せず、課題を見出すことがやりがいに

現在担当する業務は「単純作業」と言える内容ですが、この仕事が楽しくなるかは自分次第だと思っています。私の場合は、いかに業務の無駄を省き、作業時間を短縮できるかを常に考えています。この作業にこの人数が必要か、正確・安全に進行しつつも、もっと作業効率を上げられないかと自問しながら、マニュアルの見直しを行い、作業の標準化を目指して、QC活動に取り組んでいます。当社には経験豊富な先輩や上司がたくさんいます。幅広い知識もあり、どんな相談にも答えてくれるので、自分から積極的に声をかけています。特に、ベテランの先輩方ならではの“人との向き合い方”は学ぶことが多く、相手の表情を見たり言い方を工夫したりと、どうすれば相手に快く受け入れてもらえるかを教えてもらっています。人として、また、指導者としての成長も実感でき、喜びを感じますね。






何をより誰と仕事をするかを大事に、環境整備に力を入れる

私が入社した初日、周りの人の温かな眼差しがあったおかげで今があると思っています。朝の挨拶、笑顔で仕事に向かう前向きさ。直感で「ここにはいい人が多い!」と思えました。私が感じたように、次に入ってくる人たちにも感じてもらいたい。そのためにも少しでも働きやすい環境を整え、ポジティブに仕事に取り組めるモチベーションが持てるような職場にしたいのです。タスク管理の徹底、作業時間の短縮など、可能性のあることを洗い出し、いろいろやってみる。もしチーム内で意見が分かれたら、徹底的に話し合って前に進んでいく。今まで以上に、何でも意見が言い合える環境にしたいと思っています。どんな仕事も大変であることは変わりません。仕事内容より働く環境が大事です。誰とどんなところで働くかです。私と同じように「明日も来たい」と思ってもらえる人が1人でも増えるように、より魅力的な職場づくりに努めたいと思っています。

一日の流れ

  • 8:30

    出社

    自家用車で出勤する

  • 8:45

    始業

    朝礼、連絡事項の共有、作業確認ののち、車両番号の入力作業

  • 12:00

    昼食

    会社で注文したお弁当を食べる

  • 12:45

    午後の業務

    翌日の出荷台数に応じて、車両をピックアップ。出荷の準備場所まで運ぶ

  • 17:30

    終業

    退社後、ジムに寄ってから帰宅

他の社員のインタビュー